こだわり


久住山系を源水とした清らかな水を使用

由布市庄内町小鹿倉という場所に、山頂なのになぜか湧水がこんこんと湧き出ている、不思議な場所があります。そこに由布市の水道の貯水池があり、天然の湧水を水道水の源水として各家庭に送っております。弊社・佐藤商店の工場にもこの小鹿倉の湧水が引かれており、製品はこの湧水を使用し製造しております。おそらく、久住山系の山に降り注いだ雨水が地下水脈を通って湧き出したものと思われますが、数十キロにおよぶ岩盤を通り抜けて湧き出した水だけに岩石ミネラルが豊富で、現代人が普通の現代の食生活からは摂取しにくい微細な栄養素を多量に含んでいます。

 この水源の近くには、「鬼の石清水」と呼ばれる名水も湧いています。由布市庁舎より阿蘇野方面に向かい、熊群山を右手に臨む険しい山あいにあります。

 


国産こんにゃく芋を使用

 群馬県産を中心にこんにゃく芋を使用して製造しております。一部、大分産、広島産原料を使用することもあり、またわずかながら自社栽培も行っております。

 弊社商品「大分のこんにゃく」は地元大分の農家様が育てられたこんにゃく芋で製造しております。九州産のこんにゃく芋は珍しいため大変人気の商品です。

 なお、非常に多く寄せられるご質問で、「群馬県産原料は残留放射能の可能性があるのではないか?」というのがあります。弊社は群馬県産原料に関しては、放射能検査でヨウ素・セシウムともに「検出なし」のものしか購入しません。また、独自に調査して、コンニャクイモに放射能が残留する可能性はほぼない、と判断しております。

 詳しは >

 


こだわりこんにゃく 佐藤商店のこんにゃく

 弊社の看板商品「佐藤商店のこんにゃく」の製造風景です。

 ①荒粉と呼ばれる生の芋に近い原料を主体として練りこむ。

 ②型枠に入れ成型したのちに切り出して蒸気釜に入れる。

 ③その後一晩煮込みます。この工程を入れることで「あく抜き」が行われ、臭みのない味しみの良い製品が出来上がります。

 今では全国的にもこの工程を行っているこんにゃく工場は少なくなり「希少なこんにゃく」になってしまいました。この製品がお客様より一番ご支持を頂いており弊社としましても今後も末永く製造していくよう努めて参ります。

 


手結び糸こんにゃく

 ここ数年で「佐藤商店のこんにゃく」と並んで弊社の看板商品となったのが、この「純国産結び糸こんにゃく」です。最近は「結びこんにゃく」というと中国製品にシェアを占められていたのですが、数年前にとある食品会社の中国工場で賞味期限切れ原料を使用して製造を行っていたことが発覚、世間を揺るがす大事件となり、中国産製品の販売をやめる小売店が続出。国産結び製品を作っている工場がほとんどなかったこともあり、弊社に注文が殺到、以来ずっとフル稼働の状態が続いております。

 


群馬県産こんにゃく粉と放射能の関係について

日本大震災以来、弊社に毎日問い合わせの電話がかかってくるようになりました。

その内容は「お宅のこんにゃく製品を買ったのだけれど、原料はどこ産ですか?群馬県産だったとしたら、放射能残留の可能性が残っているのではありませんか?」というものでした。

 

これについては弊社も徹底的に調査を行いました。そして、以下のような結論に至っております。

興味のある方はぜひ、ご一読ください。

 

1)原料はすべて検査済みで、安全が確認されているものを使う。

 

 群馬の精粉工場と契約して、毎年検査証を送ってもらい、安全確認しております。 また主原料はタグ付け管理をしどこの農場で育てられたものか追跡できるシステムになっており、栽培畑まで追跡管理が可能なトレーサビリティを構築しております。

 

2)こんにゃく粉に放射能が付着することは、まずありえない。その理由は、

 

①イモであり、根モノ野菜であるため地表に露出せず、空気中の放射能が付着することはない。

 ずっと地中にあって、掘り出された後はすぐに精粉加工されるので、葉モノ野菜のように空気中の放射能を付着させることはありません。

 

②もしイモに放射能が付着したとしても、洗浄中にすべて洗い流されてしまう。

 精粉加工の際は、最初にコンニャクイモを入念に水洗いします。このとき表皮の部分は剥がれ落ちて流されてしまいますので、仮に放射能が表皮に付着したとしても精粉のほうに残ることはありません。

 

③維管束を通ってイモに放射能が入るという可能性はない。

 これもお客様からの指摘ですが、「コンニャクイモの葉に放射能が付着した場合、水分とともに葉に吸収され、イモに流れ込む可能性があるのではないか?」ということでした。

私共はこのことを、大分大学や大分県発明協会などの専門家に聞き尋ね、「植物の維管束の構造は、ヨウ素やセシウムを吸収するようにはできていない。維管束を通ってイモに放射能が入るということはありえない」との回答を得ています。

 

・・・以上になりますがもちろん群馬県の空気に放射能が検出されたという報告自体、地震の年以来ないのですが、世の中にはこれを「日本政府の隠匿」と認識している方々も多く、ネットを検索してみますとどうもそのように思える情報も出てきたりします。それで弊社としても、「疑わしきは徹底的に疑う」という考え方で、独自に調査を行って参りました。その上で上記のような事実をまとめ、「大丈夫だろう」という結論に至っております。

 

 法的には、放射能検査の検査証を保持し、「検出なし」を証明できれば問題ないことになっております。しかし、世の中に絶対はありません。お問い合わせをいただいた方々の中には、『放射能検査を実施したといっても、検出する機械に限界というものがあり、実際には存在していても「検出なし」という結果が出ることもある』と指摘される方もありました。これはそのとおりであり、PPM以下の単位の放射能を測定しようと思えば、高額な機器を使わなければ検査ができません。現実にはこのような機器で測定するのは難しく、数PPMの範囲では検出誤差が出てしまうというのが実情のようです。

 

 育ち盛りの子供さんを持つお母さんなどがこの放射能の問題に関心を持つのは当たり前のことであり、私どもも誠心誠意でお応えして行かねばならない問題です。ですのでこのコーナーでは、私どもがこれまで行ってきた安全確認の内容をすべて、包み隠さずにお知らせしております。

 

 ・・・もし、お客様の中に「こういう方法で放射能が混入する可能性もある」という知識をお持ちの方がおられたら、ぜひご一報いただければ幸いです。その際はまた、全力で調査させていただきます。